横浜 市 コロナ 区別。 <横浜市の感染者>1週間に青葉・都筑区で7人、港北区は5人増加(7/10時点)

【新型コロナ】横浜で51人感染、1人死亡 横浜労災病院ではクラスターか 区別発生状況公表

5名、港北区で68名増、都筑区で46名増となっており、横浜市全体で新規患者数が増えてきた現状がありました。 市全体の感染者数は、 前週の1753人から214人増の1967人となるなど、前週(8月21日時点=252人増)および前々週(8月14日時点=236人増)、3週間前(8月7日時点=238人増)と比較すると 増加ペースに高止まり傾向が見られるものの、 累計の感染者数は2千人台に迫っており、引き続いての感染対策が必要だといえそうです。 2020年12月11日に発表された横浜市の「市内における新型コロナウイルス感染症患者の確認について」で示された資料における区別発生状況の主に港北、都筑部分の詳細をご説明させて頂きます。

8

【新型コロナ】横浜、新たに117人感染 特別養護老人ホームと認可外保育施設でクラスタ―(カナロコ by 神奈川新聞)

経路が判明している24人のうち、11人は家族内感染。 このほか、市内中心部と隣接する 神奈川区と保土ヶ谷区で5人増、 鶴見区も3人増などとなり、7月3日(金)時点での 市内感染者数は 累計628人となりました。 市内の認可外保育施設でもクラスターが発生。

8

横浜市内新型コロナウイルス感染症患者区別発生状況【港北区・都筑区】【18区】対象情報【12月11日】

4月4日(土)12:00時点での「横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況」のページ(2・3月発生分の部分) 横浜市が今月(2020年)4月3日時点で公式サイト上に発表したところによると、 4月2日17時現在の 新型コロナウイルスに感染したことが判明した市内の 患者数は51人(2月上旬に大黒ふ頭へ着岸したクルーズ船内やチャーター機帰国者の感染者を除く)となり、 2月18日に初の患者が発生して以来、50人を超えました。 横浜市役所(中区) 港北区では、8月に入ってから 毎週20人以上の感染者増となっており、先週から今週にかけて 港北区内のコンビニエンスストアや 商業施設テナントでの感染が発表されています。 40代:7人• 1万人=4月時点)• 川崎市でも東京都心に近い 中原区で累計70人に達し、川崎区は同63人、高津区は同53人、幸区も同40人となっており、増加傾向がみられます。

港北区の感染者は今週22人、鶴見区が28人、青葉区は15人増で市内最多(8/28)

2020年6月8日 (戸塚区総務部地域振興課)• 10歳未満は1人だった。 中等症の50代男性はクラスターが起きた相模原南署の署員で、60代の男性は市内にある県立高校の教員という。

19

【新型コロナ】横浜で51人感染、1人死亡 横浜労災病院ではクラスターか 区別発生状況公表

都心へ通勤・通学者が目立つ港北区などの周辺エリアでは、さらなる 感染者増が懸念されるところです。 ( 【4月10日17:32追記】このほか、横浜市中心部に本社を置く企業から、 新横浜の事業所に勤務する1人が感染したことが新たに公表されました。

4

<新型コロナ>港北区は2週続けて0人、中区で急増23人、神奈川・保土ヶ谷区も増(7/3)

市の1日当たりの感染者数としては過去最多。 退院:8人• 一方、市は25日の感染者数を1減の66人に訂正した。

横浜市内新型コロナウイルス感染症患者区別発生状況【港北区・都筑区】【18区】対象情報【12月11日】

先週の12月3日時点では、港北区で568名、都筑区で243名、横浜市合計で6180名の患者が発生しておりました。 亡くなった男性は1日に発症、6日に搬送先で死亡が確認された後、陽性と分かった。