ガーナ 葬式。 棺桶ダンスの元ネタ・原曲

驚異の棺桶パフォーマンス!ガーナの葬式ではアゲアゲなリズムとダンスで故人を祝福!

ガーナはかつてイギリスの植民地だったこともあり、約7割がクリスチャン。 陽気なガーナ人は、外部の人でも葬式を見学させてくれます。 ガーナの棺桶を見るには 棺桶工房はガーナ各地にありますが、首都アクラの「 Teshie テシ 」が棺桶の生産地として最も有名な街です。

11

イッテQ(11月18日)珍獣ハンターイモト!ガーナ共和国3つの雑学

carousel-content:nth-child 4 ,. ところが、その後が衝撃的。

20

日本とは違う世界各国の葬儀。今回はブラジルW杯出場国でもある「ガーナの葬儀!」

5em;margin-left:15px;margin-right:15px;left:0;right:0;text-align:center;font-family:FontAwesome;font-size:45px;-moz-opacity:. ・・・・・・・・ いかがだっただろうか。

イッテQ(11月18日)珍獣ハンターイモト!ガーナ共和国3つの雑学

なので葬式ではこのようにダンサーたちが招待されることがあるそうです。 首都アクラのこう外にある 幼 ようち園、小学校、中学校が一つになった男女共学の 私立 しりつ学校は、キリスト教 系 けいの学校です。

20

''歌って、踊って、祈る''お葬式~ガーナ~

故人(おじいちゃん)は魚が好きだったので、魚の形の棺桶にしてほしいっていっていた• 主役となれる最後のチャンスである「お葬式」も、もっと多様な演出があってもいいかもしれません。 アフリカの西部に位置するガーナ共和国。

16

棺桶ダンスの元ネタ・原曲

これは、なにかのネタや特別な企画というわけではなく、ガーナで近年人気となっている葬儀のスタイルで、『 dancing pallbearers』と呼ばれている。

3