外務 省 渡航 情報。 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

新型コロナウイルス

対象者は、対象国・地域からの 出国・出域前72時間以内(注1)に、出発国・地域でCOVID-19に関する検査を受けて「陰性」であることを証明する 「検査証明」を取得してください。

1

外務省の「危険情報」とは? 海外旅行にいつ行ける? アフターコロナ、コロナ禍での海外旅行

業界による自主的な感染防止策を前提とした旅行実施の段階的な緩和• 5度以上)や呼吸器症状、倦怠感等を含む新型コロナウイルス感染症の症状が認められる場合は渡航を中止してください。

(本邦入国/帰国の際に必要な手続・書類等について)(入国拒否対象地域に指定されている国・地域(感染症危険情報レベル3))|外務省

連絡の取れない番号、海外の番号を記入された場合は不備があるとみなされ査証申請時や空港検疫で受理されない可能性がありますのでご留意ください。

8

外務省、渡航中止勧告の段階的引き下げを検討

特定の感染症に対し、国際保健規則(IHR)第49条に規定する緊急委員会が開催され、同委員会の結果から、渡航に危険が伴うと認められる場合等。 [ ]• 海外旅行の前に渡航関連情報など現地事情や安全情報をご確認下さい。 (2020年1月8日より 全域) 2004年以降、を標的とした・・(ら)・等が発生している。

13

外務省の「危険情報」とは? 海外旅行にいつ行ける? アフターコロナ、コロナ禍での海外旅行

指定解除後のビジネストラック・レジデンストラック利用時の手続については以下のとおりですが、指定解除前後での変更点について詳しくはをご参照ください 必要な書類は随時更新されていますので、必ず最新のフォーマットをご利用ください。 2015年8月31日まではカテゴリー分けされていなかったが、翌9月1日からこちらも4段階のカテゴリー分けを行うこととなった。 基本的には直前まで危険情報が発出していた場合を除き特に表記はされていないが、スポット情報等で別途注意を呼び掛けている場合もある。

9

外務省、渡航中止勧告の段階的引き下げを検討

一方、イギリスとアイルランドに対しては、渡航に際して十分注意するよう呼びかける「レベル1」が出されました。 (注)新型コロナウイルス検査証明を発行できる医療機関については、 専用ページ上で「新型コロナウイルス検査証明機関登録簿」を公開しており、以下のURLから参照いただけます。

10