ダフトパンク 解散。 ダフト・パンクが解散 「エピローグ」動画で幕:山陽新聞デジタル|さんデジ

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」動画で幕

2021年2月22日に解散を表明したダフト・パンクのストリーミング再生数が、全米で大幅に上昇したことが明らかになった。

18

【素顔画像↓】ダフトパンク:なぜ解散?理由は?

この曲を収録したアルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ()」もグラミー賞でさらに2部門を受賞した。 ダフト・パンク」(1位、1週)、「ゲット・ラッキー feat. 「Harder, Better, Faster, Stronger」をサンプリングしたカニエ・ウェストによる2007年のヒット曲 「Stronger」は、アメリカのポップスを揺るがすEDMブームの基礎を築くことになった。

8

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」動画で幕:山陽新聞デジタル|さんデジ

【関連記事】 ダフト・パンクはなぜヘルメットを被り続けたのか? ダフト・パンクよ永遠に 時代を動かした衝撃ライブを振り返る 外部サイト. ファレル・ウィリアムスとナイル・ロジャースとコラボレーションした「ゲット・ラッキー」では、『第56回グラミー賞』(2014年)で主要部門の「年間最優秀レコード」「年間最優秀アルバム」の2冠を含む5部門を制覇した。

10

男性デュオのダフト・パンク解散 松本零士氏が映像制作―フランス:時事ドットコム

1を7回、TOP10を12回記録している。 同曲を収録し、ミリオン・セラーを記録したセカンド・アルバム『Discovery』(2001年)は、時代を象徴するエポックメイキングな作品だ。 その後、〈1993-2021〉という文字が浮かび上がる。

13

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」動画で幕

2010年には映画『トロン:レガシー』にスコアを提供している。

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」動画で幕

この動画は、ダフト・パンクが初監督を務め、人間になりたいと願う2体のロボットが旅する映画『ダフト・パンク エレクトロマ』(2006年公開)を元にしたもの。 ユーチューブで22日発表したビデオは「エピローグ(終幕)」と題された。 寡作ではあるものの、他のアーティストのプロデュースやコラボも含めて、常に第一線で活躍を続けてきた。

ダフト・パンクが解散 「エピローグ」と題した動画公開 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

フルフェイスのヘルメットがトレードマークのダフト・パンクは、トーマ・バンガルテル、ギ=マニュエル・ド・オメン=クリストからなる2人組。 2013年4月、ダフト・パンクはファレル・ウィリアムスとシックのナイル・ロジャースを迎えた「Get Lucky」をリリース。 この曲を収録したアルバム「ランダム・アクセス・メモリーズ(Random Access Memories)」もグラミー賞でさらに2部門を受賞した。